ヴィトックスαとお酒の意外な関係とは

1.ヴィトックスαをお酒と一緒に飲んではダメなの?

 

お酒とヴィトックスαの関係は?

 

ヴィトックスαを飲む人にはお酒を飲むのが好きな人も多いはずです。

 

薬を飲んでいる時はお酒を飲めないけど、ヴィトックスαならお酒飲んでいてもいいんじゃない?と安易に考えている人もいるかもしれません。

 

  • お酒の晩酌と一緒にヴィトックスαを飲もうと考えている
  • 酔いがさめないうちにヴィトックスαを飲もうと考えている
  • 毎日お酒を2杯3杯飲むなんては当たり前

 

こんな風に考えている人は、この記事を読んで飲酒習慣を見直してみるとよいでしょう。

 

 

ヴィトックスαとお酒の相性が悪い4つの理由

ヴィトックスαとお酒は以下の4つの理由で相性が悪いです。

 

  • 肝臓の機能が落ちて吸収されない
  • 脳機能がマヒしてホルモンを分泌しない
  • 血圧が高くなり勃起しない
  • 男性ホルモン値が減る

 

当記事では上記4つの理由について詳しく説明して、それでもお酒は飲みたいな、と考えている人にヴィトックスαを飲んでいる間でもお酒とうまく付き合っていく方法をお知らせします。

 

 

お酒を飲むと肝臓の機能が低下して吸収されない

 

お酒の吸収のされ方

 

お酒を飲むとアルコールは胃から20%、小腸から80%が吸収され、その後肝臓で処理されます。

 

肝臓はそもそも栄養素を必要なエネルギーに変える「代謝」の役割を果たす一方で、アルコールを飲むと中性脂肪を合成するだけでなく、アルコールやアンモニアなどカラダにとって有害な物質を外に排出する役割も負っています。

 

つまりお酒を飲んでいなければヴィトックスαで取った栄養を分解することに全エネルギーを注げるのに、アルコールを飲んでしまうとアルコールの分解にも力を持っていかれて、ヴィトックスαの栄養を分解する力が半減してしまうのです。

 

また分解されなかった栄養素は中性脂肪となって肝臓に貯まるのでさらに分解効率が悪くなっていきます。

 

そのためお酒を飲む際には、脂肪となるものをできるだけ摂取しないことを心がけるだけでなく、ヴィトックスαとアルコールは同時に取らずにアルコールが体内に残っていない状態でヴィトックスαを飲む必要があります。

 

 

脳機能がマヒして成長ホルモンを分泌しない

 

お酒を飲むと成長ホルモンの分泌が阻害されます。

 

脳

 

これはアルコールが分解されたときにできるアセトアルデヒドという毒素が交感神経を刺激して睡眠の質を悪くするからだと考えられています。

 

人間にはカラダの緊張と緩和をつかさどる2本の自律神経があり、緊張状態を作るのを交感神経、リラックス状態を作るのを副交感神経と言います。

 

脳の下垂体から分泌される成長ホルモンは、副交感神経が優位(活発)になると睡眠の質が良くなり分泌されやすくなるのですが、逆に交感神経が優位になっていると分泌されにくくなります。

 

そのため就寝時にはお酒がカラダから抜けていたほうがよく、お酒を飲むタイミングにも気を配らなくてはなりません。

 

 

血管が収縮して勃起しない

 

一定量以上のお酒を継続的に飲んでいると次第に血圧が高くなっていくことが知られており、血流が悪くなってペニスに血液が届きにくくなる結果、勃起力が弱まりペニス増大の前提となるフル勃起ができなくなります。

 

これはもうヴィトックスαとお酒の相性がうんぬんより以前の話で、毎日一定量以上のお酒を飲み続けると、次第にED(勃起不全)へと進み、女性との性交渉もバイアグラなどのED治療薬の助けを得ないことには達成できないことになるでしょう。

 

一定量以上のお酒の水準はアルコール換算で30mLですが、それを具体的に表すと

 

  • 日本酒1合
  • ビール大瓶1本
  • ウイスキーシングル2杯
  • ワイン2杯

 

このいずれかに相当し、これらを飲むと1日当たり血圧が3ミリほど上がることがわかっています。

 

意外と少ないと感じるのか、妥当な水準だと感じるのは人それぞれだと思いますが、お酒好きな人にとってはかなりの水準なのかもしれませんね。

男性ホルモン値が減る

 

メタボ

 

アルコールを飲めば飲むほど女性ホルモンが増えていくのをご存知ですか?中年男性で胸が大きくなったりお腹が大きくなったりする人がいますよね。

 

これはお酒の飲みすぎで男性ホルモンが分泌されなくなり、代わりに女性ホルモンが多く分泌された結果、体型の変化が起きてしまっているのです。

 

ヴィトックスαを飲むことによって男性ホルモンの分泌量を増やし、勃起力を高め、ペニス増大を図っていくわけですが、お酒を飲むことによって男性ホルモンの分泌量が抑えられ、代わりに女性ホルモンが多く分泌されるようになると、本来の目的から遠ざかってしまいますよね。

 

そのためヴィトックスαを飲んでいる期間中でもアルコールを飲む量は控え、できれば禁酒したほうが良いのは間違いありません。

 

アルコールがすべて悪いわけではない

 

アルコールには良い面も

 

一方で、飲んですぐは血管が広がり血圧が低くなります。

 

またお酒は"善玉コレステロール"と呼ばれるHDLコレステロールを増やすという、体にとってよい影響を与える作用がありますので、少量であれば毎日飲んでも逆にカラダの調子が良くなるので問題ありません。

 

 

ヴィトックスαとお酒との相性をよくするために

 

ここまで説明した通り、お酒を飲むと良いこともある一方でヴィトックスαの効果を弱めてしまうので、お酒を飲むタイミングとヴィトックスαを飲むタイミングはずらすのが良いでしょう。

 

お酒とヴィトックスαを飲むタイミングをずらす

 

ヴィトックスαは夜寝る前に飲むと効果を最大化できるため、寝酒は避けたほうがいいでしょう。

 

またアルコールが分解されるまでの時間は、ビール中ビン1本(20g)でおよそ2.2時間かかるので、晩酌をするにしても寝るまでの時間を2.5時間程度あけられるようにするとよいでしょう。

 

できればお酒は飲まないほうが肝臓の働きも良くしますし、脳機能もフル稼働させられるからよいのですが、一方でお酒を飲むことで気持ちが落ち着くと感じる人がいるのも分かります。

 

そういう場合にはヴィトックスαを日中の空腹時に飲んでおいて、夜アルコールを適量飲むようにするようにしましょう。

 

 

ヴィトックスαの効果を最大化するなら禁酒がベスト

 

禁酒

 

ヴィトックスαの効果を早く感じてペニスを増大させたいなら、お酒を飲まないようにするのがベストです。

 

しかしどうしてもお酒を飲みたいと考えるのであれば、長期戦を覚悟してじっくりヴィトックスαを飲んでいくようにしましょう。

 

 

お酒を飲みながらでもヴィトックスαの効果を高めるために

 

飲酒習慣をやめずにヴィトックスαの効果を最大化するために以下のことを心がけてみてはいかがでしょうか?

 

  • 週に何回か汗を流す運動をする
  • お酒を飲むときは脂っこいものを摂取しない
  • ヴィトックスαを飲むときは水を多めに飲む

 

週に何回か汗を流す運動をする

 

飲酒習慣があるとどうしても女性ホルモンが分泌されやすくなり、ただでさえ脂肪がつきやすくなります。男性の場合、血管内部にもコレステロールが溜まっていくため、お酒を飲み続けるのであれば、週に数回は汗を流す運動をして、脂肪が燃焼しやすいカラダを維持するようにしておきましょう。

 

また脂肪の燃焼に加えて、勃起力が高まりペニス増大につながりやすいスクワットを毎日負荷をかけてすることもおすすめします。

 

お酒を飲むときは脂っこいものを摂取しない

 

お酒を飲むとついつい味の濃いもの脂っこいものを食べたくなりますよね。毎日のお酒の量を控えることももちろんですが、それ以上に味の濃いものや脂っこいものをたくさん食べることがないように気をつけましょう。

 

ヴィトックスαを飲むときは水を多めに飲む

 

お酒を摂取したときはヴィトックスαを多めの水と一緒に飲むようにしましょう。

 

お酒を飲んだ時には酔いを醒ますために水を多めに飲みますよね。もちろんお酒を抜くためという意味もありますが、ヴィトックスαを体にこう織強く吸収させて血液と一緒に循環させるためにも多めに飲むことを心がけましょう。

 

 

ヴィトックスαとお酒以外に効果を薄くする生活習慣

 

お酒だけがヴィトックスαの効果を弱めるものではありません。

 

たばこ

 

たばこもヴィトックスαの効果を弱めます。タバコを吸うと血管が収縮して血液の通りが悪くなりますが、それが勃起力の低下を招き、栄養成分も十分にペニスに届かないため、ペニスが増大しにくくなります。

 

お酒を飲む方の中には飲酒と喫煙がセットの方もいらっしゃると思いますが、飲酒と喫煙を継続しながらヴィトックスαを飲んでペニスを大きくしようとするなんて無謀な挑戦ですので、できるだけ飲酒と喫煙は控えるようにしましょう。

 

睡眠不足

 

お酒が残ったまま睡眠を取ると睡眠の質が悪くなり成長ホルモンの分泌量が少なくなるとお伝えしましたが、睡眠不足ももちろんペニス増大を妨げます。

 

ペニス増大は睡眠の周期の中でレム睡眠(浅い睡眠)が来るたびにフル勃起をした際に実現します。

 

そのため睡眠不足が続いてしまうと、ペニスが増大するきっかけが単純に減ってしまい、ペニス増大が達成されるのが遅れます。

 

十分な睡眠を取るだけでなく、睡眠の質を高めるために寝る前にはちょっとぬるめのお湯にゆっくりつかってカラダを温めておきましょう。

 

人間は寝るとすぐに体温をあるところまで下げるのですが、寝る寸前の体温との差が大きいほど深い睡眠に入れます。そのためお風呂に入って体を温めることで深い睡眠を取り入れることができ、ヴィトックスαの効果を高めることができるのです。

 

 

アルコールを飲んでもペニス増大できるかは本人次第

 

ヴィトックスαとアルコールの相性はあまりよくありません。しかしお酒を飲んでもペニスを大きくしていけている人がいるのも事実です。

 

これはお酒を飲むことによるデメリットを他のやり方でカバーしているからです。

 

お酒をやめるか、新たな生活習慣を取り入れるか、これにお酒を飲む人のペニス増大の可能性が秘められているといえるでしょう。

 

 

 

ヴィトックスαの効果と口コミまとめへ

 

 

 

page top